外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

 

外壁塗装で使われる塗料には沢山の種類があります。その種類によって外壁塗装の費用も大きく異なってきます。

 

そこでこのページでは、外壁塗装に使用される塗料の種類、特徴、費用について徹底解説いたします!

 

外壁塗装の塗料の種類

 

では、早速外壁塗装の塗料の種類を見ていきましょう。

 

グレード 耐久年数 単価
アクリル 6年
ウレタン 7〜10年 1,700〜2,200円
シリコン 12〜15年 2,300〜3,000円
ラジカル 14〜16年 2,500〜3,000円
フッ素 15〜20年 3,800〜4,800円
光触媒 10〜15年 4,200〜5,000円
無機 5〜20年 4,500〜5,500円

 

この中でも一番使用されているのはシリコン塗料です。

 

値段が高くなればなるほど、耐久年数も長くなりますが、一番多く使用されているシリコン塗料と比べるとフッ素塗料以上の塗料は金額も倍近くなります。
耐久年数も倍近くなりますが、実際の住宅の環境によって短くなる場合もありますし、シーリング材などの耐久性も考えると塗料と同じだけの年数もつかといわれれば疑問も残ります。
そのため、フッ素塗料以上の高い塗料はあまり使われていないのが現状です。

 

ちなみに我が家は最近使用されることが多くなったラジカル塗料でした!

 

外壁塗装費用の内訳は?|含まれる費用と見積り書からわかる内訳

※こちらは下塗りの塗料

 

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

仕上がりはこんな感じ!

 

耐久性、価格、仕上がりすべての面で満足のいく塗料でした。

 

外壁塗装の各塗料の特徴

 

アクリル系塗料

 

一番低価格な塗料がアクリル系塗料です。
その分、耐久年数が短いので、アクリル系塗料の場合は頻繁に外壁塗装をする必要があります。
外壁塗装の費用は塗料だけでなく、足場代や作業工賃も含まれており、決して安くないのでいくら安いとはいえ長持ちしないアクリル系塗料を使用するメリットはほとんどありません。
そのため、アクリル系塗料を使用する外壁塗装会社もほぼありません。

 

ウレタン系塗料

 

密着性に優れているウレタン系塗料ですが、こちらもあまり耐久年数が長くはありません。
外壁塗装の全面塗装よりも、剥がれている部分などの一部補修に使用される場合が多いです。

 

 

シリコン系塗料

 

外壁塗装の塗料として定番なのがシリコン系塗料です。
費用も高すぎず、耐久年数も12〜15年と、10年ごとの外壁塗装でも十分にもってくれる塗料です。
また、外壁塗装塗料の主流ということもあって、色も豊富です。

 

ラジカル系塗料

 

ラジカル系塗料は2015年から使用されるようになった新しい塗料です。
シリコン系塗料に比べ耐久年数がすこし長いのにも関わらず、単価はほとんど変わらないため、最近ではラジカル系塗料をおすすめする外壁塗装業者がほとんどです。

 

ラジカル系塗料の特徴は、

  • 光沢があり汚れにくい
  • 防藻、防カビ性能に優れている
  • 下地を選ばず塗料ができる

です。

 

フッ素系塗料

 

フッ素系塗料は、シリコン系塗料などの主流の塗料と比べると高い機能をもった外壁塗装塗料です。
フッ素加工のフライパンなどをイメージしていただければ、その機能もわかりやすいのではないでしょうか。
フッ素系塗料には、

  • 紫外線等の熱から建物を守ってくれる
  • 雨水などによって汚れが落ちる
  • 防藻、防カビ性能に優れている
  • 耐摩耗性が高く20年の耐久性がある

などがあります。
ツヤのある外壁が長持ちする塗料なので、長い間新築同様の外壁を保ってくれます。
特に大きな家など家のメンテナンスが大変な場合には、外壁塗装回数を減らすことが出来るのでお勧めです。

 

ただし、フッ素系塗料は圧倒的に費用が高くなります。
大きな家となると面積も増えますので、主流のシリコン系塗料と比べるとかなり大きな差になります。(約1.6〜2倍)
また、フッ素系塗料を選択する方は少ないため、取り扱っている業者がかなり少ないです。
フッ素塗料は下地処理が重要になる塗料ですので、専門知識をもった外壁塗装業者への依頼が必要不可欠になります。

 

光触媒塗料

 

高価かくな外壁塗装塗料のひとつである光触媒塗料には、

  • 防藻、防カビ性能に優れている
  • 汚れが付きにくい
  • 耐久性が高い

などがありますが、最大の特徴は、空気浄化機能があることです。
戸建て1軒分でテニスコート4面分の緑と同じだけの空気浄化効果があるとされていますので、塗料だけでこの効果は素晴らしいですよね。

 

しかし、光触媒塗料はフッ素系塗料よりもさらに高価です。
シリコン系塗料と比較すると2.5〜3倍の費用になることもあります。
また、20年の耐久性があるといわれいている光触媒塗料ですが、発売から20年を経過していないため、耐久性はまだ実証されていません。
その他にも、

  • 下地が特殊なため専門知識が必要
  • 次回外壁塗装時の下地選びが重要
  • 紫外線が当たらない場所では効果を発揮できない
  • サビ、鳥のフン等の無機質な汚れには効果がない

など、デメリットも少なくありません。
現在あまり使用されていない塗料ということを考えると高いお金を払って選択するには少しリスクがあります。
これからの改善、実績に期待したい塗料といえます。

 

無機塗料

 

無機塗料とは、生命が作り出すことのできない無機物を配合して作られた塗料です。
無機塗料の魅力は、

  • 紫外線、熱、水分、大気、摩耗劣化に対する耐久性が高い
  • 色が変わりにくい
  • ガラスの様に汚れがつきにくく落ちやすい
  • 燃えにくい
  • 20年以上の高い耐久性

などです。

 

魅力の多い無機塗料ですが、こちらも主流ではないために非常な高価な外壁塗装塗料です。
価格は光触媒塗料と同じくらい。シリコン系塗料の2.5〜3倍になります。
また、堅い塗料なのでひび割れしやすく、万が一外壁自体にヒビが入った場合には一緒にひび割れてしまう可能性があります。

 

メンテナンスフリーともいわれるほど長い間メンテナンスの必要がなくなる無機塗料。
美しく長持ちする塗料ですので、費用の点をクリアできるのであればおすすめです。
ただし、専門知識が必要になりますので、無機塗料を扱っている優れた業者への依頼が必要になります。

 

外壁塗装の塗料選び方

 

今までの解説をご覧のとおり、種類も価格帯も多い外壁塗装の塗料。
我が家の外壁塗装にはどんな塗料がいいのか悩んでしまいますよね。

 

次は外壁塗装塗料の選び方について解説します。

 

迷ったらラジカル系塗料!

 

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

 

費用も機能も捨てがたい…そんなときはラジカル系塗料をおすすめします。
比較的新しい塗料ではありますが、その機能性、作業性、価格の安さから現在主流になってきている塗料です。
色の種類も増えたので大切な我が家のメインカラーの選択肢も広がりました。
また、外壁だけでなく、屋根やベランダ、内壁の塗料もありますので、すべての塗装をラジカル系塗料で統一することも可能です。

 

外壁塗装塗料は大手メーカーを選択!

 

外壁塗装の大手塗料メーカーは…

の三社です。

 

ちなみに我が家の外壁塗装は日本ペイントの塗料で塗装されています。

 

この三社以外のメーカーの塗料が良くない…というわけではありませんが、この三社の塗料であれば間違いないでしょう。

 

もし、外壁塗装会社にこの三社以外のメーカーの塗料を提案された場合にはその塗料の口コミや実績を調べてみましょう。
また、可能であればこの三社メーカーの塗料での提案を依頼しましょう。

 

塗料の指定は出来ない場合も…

 

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

 

外壁塗装会社によっては、塗料を選べない場合もあります。
それは、外壁塗装会社が実績などから判断し、最もお勧めしている塗料を使用しているからです。

 

実際に私が外壁塗装を依頼したときも選ぶ機会があったわけでもなく、「この塗料で塗装します」という提案でした。
素人は外壁塗装塗料に詳しくありませんから、選択させることもしないのかもしれません。

 

シリコン系、ラジカル系塗料は主流の外壁塗装塗料ですので、わざわざ指定しなくともほぼ外壁塗装会社の提案はこの2択だと思います。
ただし、フッ素、光触媒、無機塗料など高価な塗料を希望する場合は、これらの塗料を扱える専門の外壁塗装業者を見つける必要があります。
外壁塗装業者選びが重要になりますので、フッ素、光触媒、無機塗料を希望する場合には外壁塗装の一括見積サイトなどを利用して、見積時にこれらの塗料を使用したいことを提示し、外壁塗装業者を探すことをおすすめします!

 

最適な外壁塗装塗料で理想の我が家に!

 

外壁塗装の塗料の種類・特徴・費用を徹底解説&比較!

 

いかがでしたでしょうか?

 

外壁塗装に使われる塗料は種類も多く、まったく知らない私たちにとっては未知の世界ですよね。
しかし、塗料の種類の基本を知っているだけでも、外壁塗装での失敗のリスクを減らすことが出来ます。

 

是非外壁塗装業者さんともじっくり比較検討し、あなたの家に最適な外壁塗装塗料をみつけてください!

 

>>失敗しない外壁塗装の方法へ戻る!