外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

10年に1度行うのが目安となる外壁塗装。
大切な我が家を長く安心して使うために必要な外壁塗装ですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
また、外壁リフォームが必要な場合、リフォーム内容や費用はどのようなものになるのでしょうか?

 

今回は、外壁塗装の費用相場と併せて外壁リフォームについてご紹介します。

 

外壁塗装の費用相場

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

外壁塗装にかかる費用の相場は、どのような種類の塗装剤を使用するかによって大きく異なります。
そこでここでは、外壁塗料の種類別に見る「外壁塗装の費用相場」をまとめてみたいと思います。

 

外壁塗装に使われる塗料の種類

外壁塗装にかかる費用の相場は「使用する塗料の種類によって異なる」とお伝えしましたが、外壁塗料の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?
以下にご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

アクリル塗料

耐久年数は5〜7年で、単価は1,500円前後。ひと昔前までは主流の塗装剤として使用されていたが、現在ではほとんど使用されなくなりました。

 

ウレタン塗料

耐久年数は8〜10年ほどで、単価は2,000円前後。アクリル塗料同様に、現在ではあまり使用されることがなくなった塗料です。

 

シリコン塗料

耐久年数10〜15年、単価が3,000円程度のシリコン塗料は、現在の新築住宅への主流となっている外壁塗料です。
金額に対するコストパフォーマンスに優れていますし、デザインや色も豊富なので多くの住宅メーカーが取り扱うように。

 

ラジカル塗料

人気急上昇中のラジカル塗料は、主流のシリコン塗料とあまり変わらない単価であるにも関わらず、耐久性はシリコンよりも長い12〜15年程度となっています。
今後、シリコンに並んで外壁塗装の主流となり得る可能性を秘めていますよ。

 

フッ素塗料

「汚れを弾きやすい」「酸性雨に強い」「紫外線に強い」という特徴を持つフッ素塗料は、メンテナンスが頻繁にできない大型建造物や橋だけではなく、住宅においては紫外線による劣化が激しくなると予想される屋根部分への塗料としても使用されています。
耐久年数は15〜20年と長いのですが、単価は4,500円前後と高額に!

 

光媒体塗料

フッ素塗料と同じくらいの耐久性能を持つ光媒体塗料は、とにかく「耐候性」に優れています。
外壁に付着した汚れを雨の力で浮かせて落とすことで、いつまでもキレイな外観を保つことができるでしょう。
しかし、単価は「4,200〜5,000円」と高値になってしまいます。

 

無機塗料

住宅の外壁塗装に使用される塗料の中で、最もグレードが高いとされている「無機塗料」は、耐久年数なんと20〜25年!
単価は5,000円以上してしまうものの、紫外線で劣化しないので半永久的に耐久してくれるのが魅力的です。
まだ使用する人は少ないですが、生涯メンテナンスの回数を減らしたい人には最適でしょう。

 

塗料別外壁費用相場

 

一般的な住宅の大きさである約35坪を基準として、塗料別にかかる外壁塗装の費用相場をご紹介します。

 

  • アクリル塗料 約25万円
  • ウレタン塗料 約33万円
  • シリコン塗料 約50万円
  • ラジカル塗料 約53万円
  • フッ素塗料  約75万円
  • 光媒体塗料  約80万円
  • 無機塗料   約85万円

 

上記の金額以外にも、外壁塗装を行う場合は「高圧洗浄代金」「足場代」「養生代」といった諸費用が別途30万円程度かかってきます。
また、外壁塗装に合わせて屋根の塗装を行う人も多いですが、その場合は屋根への塗料使用分も追加して計算する必要が!

 

屋根塗装の費用相場

 

30坪のストレート屋根の場合、主流であるシリコン塗料を使用してメンテナンスを行うと約20万円程度の費用がかかります。

 

屋根部分は外壁と比べると面積が小さいので割と少ない金額に収まりますが、外壁よりも紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまうので劣化が進みやすい場所。

 

できれば「フッ素塗料」や「光媒体塗料」といった耐候性に優れた塗料を使用し、外壁材が劣化する速度に合わせるようにすると次回のメンテナンスも1度で済みますよ!

 

外壁リフォームの費用相場

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

外壁塗装を行うタイミングで、外壁のリフォームを検討しているという人はいませんか?
ここでは、外壁リフォームの相場費用についてまとめてみようと思います。

 

外壁リフォームの内容

外壁のリフォームと言っても、種類は「補修」「塗装」「新調」など様々です。

 

外壁に付着した汚れを落としたり塗装をするといった比較的簡単な施工から、ひび割れや雨漏りの修理・外壁材の張り替えやシーリング部分の重ね打ちなど内容は幅広いのが特徴的。

 

基本的に、外壁をリフォームする場合は「何らかの劣化症状が外壁に現れている」という場合も多く、そう言った場合はかなり大掛かりな補修工事に発展してしまうことも珍しくありません。

 

大掛かりな工事になればなるほど費用が高額になるので、できれば本格的な劣化症状が現れる前に外壁塗装や軽度の補修メンテナンスを行うのが理想的!

 

外壁リフォームの費用相場

外壁リフォームの費用相場は、一般的に「20〜300万円」と言われています。

 

上記でもご紹介したように、外壁のどの部分をどの程度リフォームするのかによってかかる金額は異なりますよね。
以下に、リフォームの内容に対する費用の一例を挙げてみましょう。

 

  • 外壁のひび割れや剥離の補修 80万円程度
  • 外壁塗装 80〜150万円程度
  • 外壁材の張り替えや新調 150〜300万円程度

 

外壁は年数の経過とともに劣化していくものですが、大掛かりなリフォームをすればその分だけ費用は高額になるものなので、よく考えてからリフォーム計画を実行しましょう!

 

外壁塗装と一緒がおすすめの外構リフォーム

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

外壁塗装では、100万円前後のまとまった金額が必要になってくるものです。

 

人によってはリフォームローンを組んで資金を調達する場合もあり、そういった場合には外壁塗装と同時に外構リフォームも行うのがおすすめ。

 

ここでは、外壁塗装と一緒に行いたい、おすすめの外構リフォームをご紹介していきたいと思います。

 

玄関ドアの交換

 

外壁塗装は10年に1度が目安となっていますが、玄関のドアも10年経てば「閉まりにくくなる」「変な音がする」「鍵が閉まらない」などといったトラブルが多くなるもの。

 

玄関ドアを丸ごと交換するのもいいですが、少ない費用で抑えようと思えば細かな部品のみの交換でも驚くほどスムーズな動作を取り戻すことも可能です。

 

ベランダのリフォーム

 

ベランダは雨や風などの影響を受けやすく、劣化が進みやすい場所です。
特に2階部分にあるベランダの劣化を放置してしまうと、1階部分への悪影響が懸念されるでしょう。
「2階から雨漏りが!」といった事態にならないためにも、ベランダ部分のリフォームも考えてみてくださいね。

 

ガレージ・カーポート(駐車場)のリフォーム

 

新築時にはどうしても家の中を中心に考えてしまい、外構は後回し…という方も多いのではないでしょうか?
特にガレージやカーポートを作ろうと思うと、駐車場1代分だけでも100万円以上の費用がかかってしまうことも珍しくありません。
外壁塗装のタイミングでまとまったお金を借りるのであれば、大切な愛車を守るガレージやカーポートなどの新設もおすすめです。

 

門回りのリフォーム

 

門周りのエクステリアはお客様が来られた時の見栄えの良さにつながるばかりではなく、毎日自分が目にする場所なので状態がいいと気分も上がります。

 

  • ヨロッパ調
  • 西海岸風
  • シンプルモダン
  • 和庭園風
  • ハワイ風

 

など、自分が好きなテイストを盛り込んで門構えをデザインしてみるのも楽しそうですよね!

 

ブロック塀・フェンスのリフォーム

 

ブロック塀やフェンスも時間の経過とともに劣化していくものです。
「ブロック部分の割れ」「フェンスの腐り」「木材のささくれ」などが確認される状態であれば、かなり劣化が進んでいると言ってもいいでしょう。
ぜひ外壁塗装に合わせてリフォームを検討してみられてください。

 

ポストの交換

 

外壁塗装とともにおすすめしたいリフォームの中には、ポストの交換も!
住宅によっては「ポストを外に出している」「雨に濡れる」と言った状況下の場合もあるので、そういった場合ではポスト自体にも痛みが目立っているはずです。
ポストを新しくすると言っても、ポストの種類によっては何十万円もの交換費用がかかってしまう場合もあります。
「ポストを地中に埋めている」「壁に埋め込んでいる」などという場合は、交換費用もバカになりませんよ!

 

外壁塗装・外壁リフォームの注意点

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

外壁塗装や外壁リフォームを行う上で注意したいのは、何と言っても「業者選び」です。

 

最近は悪質な勧誘業者による被害事例が後を絶たないといった状況なので、特に「飛び込み営業」のリフォーム会社には注意してください!

 

また、外壁塗装やリフォームを検討する場合は、必ず複数社に見積もりを依頼して見比べてみることも重要なこと。

 

  • 見積もり内容は細部まで記載されているか?
  • 使用する塗料のグレードはどんなものか?
  • 費用の合計は相場に比べて妥当か?
  • 信用のおける業者であるか?

 

などといったことをしっかりとチェックすることが、納得できる外壁塗装&リフォームにつながる秘訣です!

 

まとめ

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場【外構工事も一緒にやるとお得?】

 

いかがでしたか?

 

外壁塗装やリフォームにかかる費用は高額なので、リフォーム時期を見越してコツコツと貯金をすると安心です。

 

また、メンテナンスのためのまとまった資金が用意できない場合は「リフォームローン」なども利用できる場合があるので、地域の金融機関に問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

・外壁をどんな風に仕上げたいか?
・予算はどうするのか?
・リフォームはする?しない?

 

等々、外壁メンテナンスを検討し始めると、考えなければいけないことがたくさん出てきます。

 

面倒だな…と思ってしまう時もありますが、外壁メンテナンスは大切な家を守るために欠かせないこと。
そのため、しっかりと考えて納得いくメンテナンスプランを見つけていきましょう!