外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

外壁塗装の費用見積もりを出してみたものの、どこをみたらいいのか、何を比較したいいのか、悩んでいるのではないでしょうか?

 

ここでは、実際の見積書をにもとにチェックするポイントを解説します。

 

外壁塗装の費用見積もり3つのチェックポイント

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらが実際に私が施工したときの外壁塗装の費用見積もり書です。
この見積書を元に、チェックポイントを解説していこうと思います!

 

工事内容を確認

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらが、工事内容の一覧です。

 

  • 玄関ドア工事
  • ベランダ工事@
  • ベランダ工事A
  • 外壁塗装工事
  • 屋根塗装工事
  • 雨樋工事
  • その他工事

 

以上が工事内容、そしてそれぞれの工事内容が記載されています。
屋根塗装工事の金額が空欄になっているのは、最初の見積もりで依頼したものの、結局屋根塗装はやらないことにしたからです。

 

この見積書の内容のチェックポイントは諸経費の部分です。
ここでは177,359円となっています。
この諸経費にはいったい何が含まれているのか、確認をしましょう。

 

諸経費に含まれる主な費用は、ゴミの処理費や運搬費などです。
逆にこういった必要な費用が諸費用に含まれていない場合、後から請求される場合もあるので、諸経費の内訳も明確にしておきましょう。

 

外壁塗装の塗料、シーリング材を確認

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらが外壁塗装の工事内容の費用見積もり書です。

 

使用の部分には使用する塗料が書かれています。
ちなみに我が家に使われた塗料の詳細がこちら!

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

塗料については「これでやります」という提案で選択する余地もなかったのですが、詳しく説明をいただいたので特に不満はありませんでした!
どんな塗料を使うかは、外壁塗装の費用に大きく関わってきますので、見積書や施工提案書などに塗料の種類が書かれていない場合は要注意です。
安い塗料を使われてしまう場合もありますので、しっかりと確認しましょう。

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらはシーリング材(目地材)の詳細です。
こちらも特に選ぶことはなかったですが、この用紙と併せて説明をいただけました。

 

塗料もシーリング材も、どちらも大手メーカーのものでした。
大手メーカーの材料は、長い間開発に開発を重ねたよいものです。
下手に安いからと言って外壁塗装業者のオリジナル塗料を使用してしまうと、耐久性が低いなどのトラブルにつながります。

 

材料は安心の大手メーカー品なのかも確認が必要です。

 

外壁塗装の工程を確認

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

上と同じ見積書ですが、今度は外壁塗装の施工内容についてチェックします。
工事行程の部分を見てみると…

  • 足場組み立て、養生シート
  • 高圧洗浄
  • サッシ他養生
  • 下塗り
  • 中塗り
  • 上塗り
  • 木部、鉄部塗装(破風、軒天上塗装)
  • 足場撤去
  • 雨戸塗装(大、中、小)

とあります。

 

足場の設置から養生、洗浄、塗装、そして足場撤去まですべての工程がきちんと記載されていることがわかります。
外壁と素についても、下塗り、中塗り、上塗りの三度塗装ということも確認できます。
また、外壁塗装と併せて行う木部や鉄部、破風、軒天上、雨戸、アーチやフェンスの塗装についても明記されています。
これを見ると依頼した部分をすべて塗ってくれるんだな。と確認できますね。

 

逆にここに記載がない場合は塗るのか塗らないのか明確ではありません。
外壁塗装の工程をチェックして、

  • 三度塗りをしているか
  • 何を塗るのか
  • どこまで塗るのか

確認をしましょう。

 

ここで漏れがあると自分の思っていた外壁塗装とズレが出てきてしまいます。
私自身、1度目の外壁塗装の際、雨戸は塗ってくれるんだと思いこんでいましたが、実際に塗ってくれたのは壁だけ。
私の確認不足だったので後から依頼はしませんでしたが、「書いてあること以外はやらない」ということを肝に銘じて、きちんと確認することをおすすめします!

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

また、塗装する外壁の数量も確認しましょう!
極端に少ない、多い場合や数量の記載がない場合はしっかりと指摘をし、詳しい数字を出してもらいましょう。

 

外壁の平米数は各家によって異なります。
「一式」などという数え方で数えられるものではありません。
きちっと細かい数字まで出してもらいましょう!

 

その他の工事も詳細を確認

 

私の場合、外壁塗装だけではなく、他にもエクステリアの工事がありました。
同じように、他の工事がある場合はそちらの見積内容も詳しく確認します。

 

玄関ドア交換

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

  • 解体、撤去
  • 処分費用
  • 玄関ドア本体
  • その他必要部品等

 

以上の玄関ドア交換に必要な内容がすべて記載されています。

 

ベランダ屋根工事

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

黄色く反転しているのは、最初の見積もりから変わった部分だからです。
辞めた部分は灰色に反転、追加は黄色で反転で、見積もりが新しくなるたびに何が変わったかわかるようにしてくれていました!

 

こちらも解体撤去からとりつけまですべて含まれています。
ちなみにベランダ屋根は自分で注文したので(その方が安かった)、代金として含まれていません。

 

ベランダ床工事

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらはベランダ床の工事の詳細です。
大切な防水工事。
工事前に確認したところ、防水シートを敷いているだけのありえないような防水対策しかされていませんでした。
しかも、排水は配管ではなく垂れ流し…ゴミもつまりひどい状態でした。
防水工事の内容を見ると、防水加工からドレン取り付けまで必要な工事がすべて記載されていることがわかります。

 

雨樋交換工事

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

雨樋はすべて交換する工事内容です。
撤去と新しい雨樋の材料費、工賃が記載されています。

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらが雨樋の提案と商品案内です。
勝手に交換された雨樋、壊れて交換した雨樋、一度も好感してない雨樋とすべて色が違うなんとも統一性のない雨樋をすべて黒で統一しました。

 

ガレージ、エアコン工事

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

数年前の大雪でガレージが大破し、新しい屋根にしたのですが…

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

年々角が落ちてきていてかなり危ない…
職人さんが見たところ、ベランダ側がかなり軟弱な取り付け方になっているようで、直していただくことにしました。

 

これがガレージ工事。

 

エアコン工事は、ベランダに置いていた2階ダイニングのエアコンの室外機を1階外に移動したため、移動費用です。
2階から1階まで延ばすので仕方ないですが少々お高い…

 

でもおかげでベランダは広くなったし、下に移動した室外機はカバーを付けて…

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こんな感じに!
我ながらかなり気に入っています。

 

他社の外壁塗装費用見積もりと比較

 

今まで見て頂いた見積書は、実際に施工を依頼した外壁塗装会社です。
では、依頼しなかった外壁塗装会社の見積もりと比較してみましょう。

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

同じ内容で見積もりをお願いし、しかも屋根塗装の費用が入っているのに100万近い差があります。
安いからいいのか?といえばそうではないのが外壁塗装です。

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

こちらは足場などが別になってるので少々わかりにくいですが、
一番の注目すべき点はシーリング工事です。

 

数量を見てみると

 

依頼した塗装会社

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

依頼しなかった塗装会社

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

634.1mと179m(64+112)。
その差は歴然ですね。
なぜこんなにも違うのか?
それは、すべてやり直しているか、劣化しているところだけ直しているかの差です。

 

しかし、今回外壁塗装をしたら少なくとも10年は外壁塗装はやりません。
そうなると、今大丈夫に見えている部分も劣化が進み、ひびが入って家の構造への浸水が起きてしまう可能性があります。

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

ベランダ工事を見てみても、肝心の防水工事が含まれていません。
あけてみたらひどいことになっていたベランダ床なので、もしかしたら、いざ工事が始まってから追加の工賃が必要になったかもしれませんし、直されぬままになってしまっていたかもしれません。

 

このように、安いことには理由があります。
安く済む方がいい!と飛びついてしまうと思わぬ失敗につながります。

 

費用が大きく異なる場合はもちろん、差がない場合にもしっかりりと内容を比較して何が違うのか確認しましょう!

 

外壁塗装の費用見積もりは細部までチェック!

 

外壁塗装の費用見積もり|実際の見積書から見るチェックポイント

 

実際の見積書と共に外壁塗装の費用見積もりのチェックポイントを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

大切なことは、各工事ごとに内容までしっかり確認することです。

 

漏れがないよう、工程の内容や解体、処分など、工事の前後に必要になる部分まで確認をして、理想の外壁塗装を実現しましょう!

 

>>失敗しない外壁塗装の方法へ戻る!