マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションの外壁塗装は大がかりな工事になるため、費用もかなりかかります。
また、多くの住民が住んでいますので、外壁塗装をするにあたっても住民の協力を得なければトラブルにつながりやすくなります。
今回はマンションの外壁塗装にかかる費用を中心によくあるトラブルやポイントなどについても紹介します。

 

マンションの外壁塗装は必要?

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

まず始めに、マンションの外壁塗装の耐用年数についてお話ししていきたいと思います。

 

マンションの外壁塗装の寿命は外壁材の素材や塗料の種類などによって異なり、短いものだと「約3年」長く持っても「10年〜20年程度」と言われています。
どんなに性能のいい塗料を使用していても、20年以上も再塗装を行わないと外壁に深刻なダメージを与えてしまいかねないので、マンションの外壁塗装はいずれ必ず必要になってくるでしょう。
外壁にダメージが加わると外壁が汚れやすくなるだけではなく、雨漏りが発生したりサビが出てきたりする場合も考えられます。
そうなると入居者から不満の声も上りやすくなりますし、最悪の場合「契約解除」なんてことになってしまう場合も!
住みやすい環境を整えていくことは入居者の安定的な確保にもつながるので、マンションの外壁塗装は適切な時期に行うようにしましょう。

 

そのためには、所持しているマンションの外壁材や塗料に何が使われているのかを確認することが重要になってきます。

 

マンションの外壁塗装に使う塗料は?

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

「外壁塗装の種類によって耐用年数が異なる」とご紹介しましたが、ここでは一般的に使用されている外壁塗料の種類に加え、それぞれの特徴についてまとめてみたいと思います。

 

アクリル塗料

 

塗料の中で最もリーズナブルな外壁塗装用の塗料です。安いぶん耐久性も低く、塗料の寿命は約5年。メンテナンス時期が頻繁に訪れることが予想されるので、現在ではあまり人気の少ない外壁塗料です。

 

ウレタン塗料

 

一昔前までは外壁塗装の主流であった塗料で、寿命は約10年前後とアクリル塗料よりは長いのが特徴的。
現在はシリコン塗装が主流となっているので、アクリル塗料同様あまり使われていない外壁塗料になります。

 

シリコン塗料

 

現在、外壁塗装の主流となっているのがこちらの「シリコン塗料」です!
金額が高いものほど耐久性も高く、寿命は10〜15年ほど。種類やカラーも豊富なので、様々なハウスメーカーや外壁会社がおすすめしている外壁塗料になります。

 

フッ素塗料

 

フッ素塗料はシリコン塗料よりもさらに耐久年数が長いのですが、その分お値段も高めでシリコン塗料の1.5倍〜2倍程度はすると言ってもいいでしょう。
寿命は約15〜20年で、使われる場所が限られているところがネックになります。

 

無機塗料

 

無機物を配合した塗料でフッ素塗料よりもさらに耐久性が長く、価格は外壁塗料の中でもトップレベルの高価となっています!
ただ、現在使われている塗料の中で「最も耐朽性に優れている」言われている無機塗料の耐久年数は20〜25年と長く、メンテナンスが楽というメリットも。

 

ラジカル塗料

 

ラジカル塗料を使用することで得られるメリットは「外壁の劣化が遅くなる」ことです!
耐久年数は15年前後と外壁材の中でも耐朽性に優れていますが、価格はシリコン塗料よりもお安くなっているのが魅力的。

 

光触媒塗料

 

原料に「酸化チタン」が含まれている光触媒塗料は、太陽光で汚れを分解して浮かす効果がある塗料!
浮いた汚れは雨によって洗いされ、さらにはカビや藻の繁殖も防いでくれる効果があるとして話題になっています。
単価はフッ素塗料と同じくらいなので、外壁の掃除があまりできない場所への使用がおすすめです。

 

 

このように、使用されている塗料には様々な種類が存在しています。
マンションの外壁にどの塗料が使われているかをしっかりと確認し、適切な時期に外壁塗装を行なってくださいね!

 

マンションの外壁塗装の費用相場

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションの外壁に使用されている塗料は複数あり、どの塗料を選ぶかによって金額が大きく異なります。
そこでここでは、上記でご紹介した各塗料の費用相場をご紹介します。

 

マンションの外壁塗装費用

 

マンションの大きさにもよりますが、まずはマンションの大きさによって移り変わる費用の相場についてまとめてみたいと思います。

 

3F建てマンション(約700u) 300〜400万円
4F建てマンション(約1,050u) 380〜550万円
5F建てマンション(約1,300u) 480〜650万円
6F建てマンション(約1,550u) 560〜800万円

 

現在使用される頻度の高い「シリコン塗料」が使用されている場合は上記の金額内で治る可能性が高いですが、価格が最も高い「無機塗料」を選ぶとさらに上乗せで料金が発生してしまうケースもあるでしょう。

 

マンションの改修費用

 

一般的に、外壁塗装をするタイミングで「下地補修工事や防水工事など、その他の工事も一緒に行おう」と大規模な修繕を考えるオーナーさんも多くいらっしゃいます。
マンションの大規模な改修費用はマンションの規模やどのような改修を行うかにもよって異なりますが、平均的に「1戸あたり100万円前後」の改修費用がかかると考えられています!

 

10戸のマンション 1,000万円程度
50戸のマンション 5,000万円程度
項目名 ここに説明文を入力

 

簡単に計算しても、上記の金額がかかってくる大規模なマンション改修工事。
改修しなくてはいけないところとそうではないところをしっかりと見極めるためにも、信頼できる業者さんに相談してみることをおすすめします!

 

マンションの外壁塗装が必要な症状

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションを所有していると、何かしら不備な箇所が出てきてメンテナンスをしなくてはいけないものです。
しかし、肝心な「メンテナンスのタイミング」がいまいち分かりにくい…と感じているオーナーさんも少なくありません。
以下に、マンションの外壁塗装が必要だと思われる具体的な劣化症状を記載しておくので、外壁塗装を検討する際の目安にしてみてくださいね!

 

チョーキング

 

外壁を指でなぞると、指にチョークのような粉がべっとりと付着します。
この現象は塗料が劣化して防水性が失われていることで引き起こされるものなので、外壁塗装を考えるひとつの指針になります。

 

爆裂

 

爆裂とは、雨水がコンクリート内に侵入することでコンクリート内部にある鉄筋がサビ、その影響で外壁が剥がれ落ちてしまうことです。
こうなってしまうと見栄えの問題以前にコンクリートなどの落下が懸念されてとても危ない状況になるので、速やかな対処が必要になってきます!

 

クラック

 

外壁のひび割れ「クラック」が確認できるのであれば、そこから雨や湿気が侵入してカビが生えやすくなります。
それだけではなく、マンション内がジメジメしてきたり、最悪の場合は雨漏りが発生したりするので、クラックを見つけたらできるだけ早く外壁塗装を行いましょう。

 

苔やカビ

 

外壁に苔やカビが発生しているということは、外壁の防水性が低下しているために建物内に湿気がたまりやすくなっている状態と考えられます。
建物の劣化をこれ以上加速させないためにも、外壁塗装を行ってください。

 

汚れ

 

チョーキングやクラック現象などがなくても、外壁の汚れが目立ってきたら「外壁そのものの耐久性や塗膜性能の低下が進んでいる」と思いましょう。
このままではチョーキングやクラック・苔の発生や雨漏りにもつながってしまうため、外壁の汚れが目立ってきたら塗装の時期が近づいてきていると考えてOK!

 

 

上記のような劣化症状は、マンションの新築や塗替えから10年程度で発生する可能性の高いものです。
この現象を放置してしまうと建物の深刻なトラブルにつながってリフォームなどが必要になる場合もあるので、できるだけ早期にメンテナンスを行うことが肝心と言えるでしょう◎

 

マンションの外壁塗装にかかる期間

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションの大規模な修繕工事は、「50戸未満であれば2〜3ヶ月」「50戸以上のマンションの場合は3ヶ月以上必要」と言われています。
このうち外壁塗装工事は、シーリングや防水工事・足場の設置などをすべて含めると「1〜2ヶ月程度」かかってくるもの。
50戸以上の大きなマンションになれば、さらに時間がかかってくるでしょう。

 

マンションの外壁塗装で起きやすいトラブル

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションの外壁塗装を頼んだのはいいけれど、「仕上がりが想像とは違う!」「金額がかかりすぎ!」などのトラブルが後を絶ちません。
残念なことに、外壁塗装を利用した悪徳業者も存在しているという口コミもあるので、業者選びは特に慎重になりたいものです。
ここでは以下に、マンションの外壁塗装で起きやすいトラブルをまとめてみました!

 

  • 高額な費用を請求される
  • 見積金額と請求金額が違う
  • 工事日程が大幅にずれる
  • 工事がスケジュール通りに進まない
  • 外壁が思っていた色と違う
  • 外壁の仕上がりが雑
  • 塗料の剥がれやムラがある
  • 近所からのクレーム
  • 工事によって所有物が壊される
  • 工事中に会社が倒産する

 

このようなトラブルは数多く発生していて、裁判沙汰になっているケースも少なくありません!
トラブルを未然に防ぐためには、業者に丸投げしてしまうのではなく「外壁のサンプル材を確認する」「外壁材の適正価格を把握しておく」「見積もりを複数社にお願いする」「契約書の控えをもらう」「近所には事前に断りをしておく」などといった努力や配慮も必要ですよ。

 

マンションの外壁塗装のポイント

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

マンションの外壁塗装のポイントをまとめましたので、今後の参考にしてみてくださいね◎

 

少しでも安く外壁塗装をしたい!

 

少しでも安く外壁塗装をしたい場合、外壁塗料は「アクリル」「ウレタン」「ラジカル」の中から選びましょう。
また、特に必要がなければその他の補修工事は避け、外壁塗装工事のみをお願いしてください。
ただ、上記の塗料は耐久性が低いため、5〜10年後には再び塗装工事が必要になってくる可能性が高いことを覚えておいて!

 

定期的なメンテナンスが面倒!

 

「外壁のメンテナンスが苦痛」「できるだけメンテナンスフリーの塗料がいい」というひとは、使用する塗料を「光触媒」「フッ素」「無機」の中から選びましょう!
特に耐久性に優れている無機塗料を使用すれば、最長25年程度はメンテナンスフリーが実現しますよ。

 

悪質業者の見分け方って?

 

外壁塗装の業者の中には、平均相場よりもかなり高い金額を請求する悪失業者も存在しています。
それを見分けるためには、自分なりに外壁塗料の相場を把握したり複数社に見積もりを依頼して「悪失業者を振るいにかける」工夫も大切◎
また、特に注意して欲しいのが「訪問販売のリフォーム会社」です!
「今すぐ塗装しないとマンションが崩れますよ」などと恐怖心をあおって契約に結びつけようとする業者もありますが、基本的に新築や塗替えから6〜10年未満の家ならそれほど焦って工事をする必要はないでしょう。
10年程度で崩れてしまうマンションなんてそうないのですから、様々な業者に見積もってもらいながらゆっくりと決めて行ってくださいね。

 

まとめ

 

マンションの外壁塗装の費用!塗り替え期間・塗料の種類は?

 

いかがでしたか?

 

マンションの外壁塗装は塗料の種類によってかなりの差が出てくるものなので、まずは保持しているマンションの外壁にどのような塗料が使用されているのかを確認することから始めましょう!

 

入居者の方に気持ちよく生活してもらうためにも、空き部屋を埋めるためにも…マンションの外壁をキレイに塗装してピカピカのマンションにメンテナンスしてくださいね。

 

>>外壁塗装の費用相場トップページに戻る