外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

外壁塗装の費用は決して安くありません。
貯金をして、一括払いができるならばそれが一番良いですが、数十万円〜数百万円かかる費用を一括で払うのは家計にも大きな負担になります。

 

かといって、外壁塗装を後回しにしてしまえば、大切な家を守れなくなってしまいます。

 

そこで、外壁塗装の費用はローンを組みたい、と考えている方も多いですよね。
ここでは、外壁塗装費用のローンについて、解説します。

 

ローンを組んでもやるべき”外壁塗装”

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

ローンを組むと金利がもったいない…それならもう少し貯金をして一括で払えるときに外壁塗装をしよう!

 

そんな考えをお持ちではないですか?
確かに、金利はもったいない気持ちになりますよね。
本来支払わなければならない費用よりも余分に支払う必要がありますから。

 

しかし、外壁塗装のタイミングを延ばしてしまうのは危険です。

 

外壁塗装の目的は、”家を守る”こと。

 

塗装やシーリング(目地のコーキング)をやり直すことで、家を長く大切に使うことが出来るのです。
塗料やシーリングが劣化したまま放置してしまうと、家の基礎、骨組みに水がしみ込み、雨漏りの原因になる場合もあります。

 

後回し…後回し…とした結果、大規模なリフォームが必要になってしまうリスクがあるのです。
あの時外壁塗装をやっておけばよかった…なんてことにならない様、ローンを組んででも、適切なタイミングで外壁塗装をしましょう。

 

外壁塗装の費用はいつ支払うの?

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

ローンの話に入る前に、外壁塗装費用をいつ払うのか、を解説します。

 

支払い時期は、外壁塗装業者によって変わる

 

外壁塗装費用を支払う時期は、契約した外壁塗装業者によってもかわります。

 

  • 工事がすべて完了してから全額を一括払い
  • 工事開始前に手付け金を払い、工事がすべて完了したら残金を払う
  • 工事開始前に1/3、工事中に1/3、工事がすべて完了したら残金(1/3)を支払う

 

などが主な支払い時期です。

 

ちなみに私は

  • 契約時 20%
  • 着工時 30%
  • 中間時 30%
  • 完工事 20%

の4回払いでした!

 

こちらが見積り載っていた、お支払い条件です。

 

 

一番安心なのは完工後に一括払い

 

契約の時点で全額を前払いするというのは、外壁塗装の悪徳業者がよく使う手口で、お金をもらったらドロン!
連絡もつかず、家も直されず、お金だけ取られてしまうのです。
そのため、契約時に全額前払い、という外壁塗装業者には注意したほうがよいかもしれません。
こういった業者が多いので、安心の為に完工後や分割支払いを条件としている業者がほとんどになっているのです。

 

悪徳業者を避ける為に…

外壁塗装の一括見積サイトでは、調査をきちんとされた外壁塗装業者のみの紹介になるので安心です。

>>詳しくはこちら!

 

外壁塗装費用の支払い方法は?

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

数十万〜数百万となる外壁塗装の費用。
その支払い方法には、

  • 現金払い
  • 振込
  • クレジットカード払い
  • ローン

などがあります。

 

それぞれの支払い方法のメリットデメリットを解説します。

 

現金払い

 

現金払いの一番のメリットは金利手数料がかからないということです。
また、振込手数料もかかりません。
支払い総額をみれば一番お得です。

 

ただし、貯金をすっからかんにするわけにはいきませんし、ある程度の貯金がなければ難しい選択肢です。

 

振込

 

振り込みは外壁塗装会社に指定された銀行に振り込む支払い方法です。
外壁塗装の費用は大金ですので、振込のほうが安心ですし、履歴も残ります。

 

ただし、現金払いと同じく貯金がなければ難しいですし、大きな金額だと振込手数料も高くなるのがデメリットです。

 

クレジットカード払い

 

クレジットカード払いは、お手持ちのクレジットカードで決算するだけなので大きな現金を動かすこともなく安心。
また、分割払い等、支払い方も選べるのもメリットです。
2回払いまでなら手数料もかからないので、現金一括払いよりも負担少なく、金利手数料もかからずに支払うこともできるのでおすすめです。

 

ただし、外壁塗装の費用が限度額を上回る場合は利用できませんし、金利手数料もかかります。
大金を少額で返済するリボ払いなどにしてしまうと、いつまでも利息だけを支払い続けている…なんてことになりますので、支払い回数など計画をしっかり立てたうえで利用しましょう。

 

ローン

銀行やクレジットカード会社などのリフォームローンで支払うこともできます。
ローンの場合、30回〜120回など、支払い回数を多く設定できるので、月々の家計の負担を減らすことが出来ます!
また、ローンの場合はクレジットカードの分割払いよりも金利手数料も安いので、ローンが使える場合はクレジットカード払いよりもお得です。

 

デメリットとしては、ローンの場合必ず審査があるということ。審査が通らなければ他の支払い方法を選択するしかありません。
また、マイホームローンやカーローンがある場合は、月々のローン返済が増えることも十分に考慮して利用しましょう。

 

おすすめは振り込みを含む現金払い!ローンは完済計画をたてましょう!

 

やはり、金利もかからずお得な現金一括払いがお得!
手数料のかからない、クレジットカード2回払いもおすすめです。

 

クレジットカードの分割払い、リボ払い、ローンに関しては、支払い期間が長くなればなるほど支払総額も高くなります。
しっかりと完済計画を立て、無理のないように利用しましょう。

 

外壁塗装費用のローンの利用方法は?

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

外壁塗装費用をローンで支払う場合の利用方法をご紹介します。

 

マイホームローンと同じ金融機関でリフォームローンを申し込む

 

マイホームローンを銀行で借入している場合、同じ金融機関でローンを組むのがおすすめです。
低金利のローンやマイホームローンと併せて借り換えをすることでお得になる場合もあります。

 

まずは金融機関にローンの相談をしてみましょう。

 

新規でローンを申し込む

 

マイホームローンと同じ金融機関にリフォーム用のローンがない場合は別の金融機関で新規ローンの申し込みをしましょう。

 

しかし、マイホームローンと異なり、数十万のローンの金利は高いことが多いため、マイホームローンと併せるとかなりの金利手数料を取られてしまうことになります。

 

その場合はマイホームのローンと併せて借り換えをする方がお得かもしれません。

 

外壁塗装費用のローンの種類

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

外壁塗装費用でローンを組む場合は、種類(担保や金利)についても知っておきましょう。

 

担保のあり・なし

 

担保なしのローン

 

担保なしのローンの最大のメリットは審査が早いということ。
数日、早ければ当日には審査が終わるので、支払い期限まで日数があまりないという場合にも安心です。

 

担保なしのローンのデメリットは、金利は少し高めに設定されていることと借入限度額が少ないということです。
また、返済期間も担保ありと比べると短いので、月々の返済が家計の負担にならないか事前にしっかり計算しましょう。

 

担保ありのローン

 

担保ありのローンのメリットは低金利と返済期間を長く設定できるという事。
担保なしのローンですと限度額は200〜500万程。外壁塗装と大がかりなリフォームをすると足りない場合もありますが、担保ありのローンにすれば2000万円ほどまで借りられますので、併せてリフォームをする場合はこちらがおすすめです。

 

デメリットとしては、担保の審査をしなければならないので、審査が通るかわかるまで時間がかかること。
長いと1週間ほどかかります。

 

また、担保ありのローンの場合には登記費用などの諸費用が別途かかります。

 

200万円以内の外壁塗装の場合は、無担保ローンがおすすめ!

 

固定金利・変動金利

 

固定金利

 

固定金利とは、完済するまでずっと同じ金利が設定される金利の設定方法です。

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

金利がローン申し込み時に設定した金利のままずっと同じなので、急な金利高騰があっても安心です。
完済までいくら支払うかが申込み時にわかるので、ローン計画をしっかりたてることもできます。

 

ただし、金利が下がった場合は相場より高い金利を支払うことになってしまいます。

 

変動金利

 

変動金利とは、その時の状況によって金利が変動する設定方法です。

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

その時の金利に応じて、支払い額も変わります。
申し込み時の金利は低金利が設定されているので短期間で返済を終えるようにすると、固定金利よりも支払総額を抑えることが出来る場合があります。

 

ただし、金利がどう変動するかは全く予想できないので、最終的に支払総額がいくらになるのか、見通しを立てることはできません。

 

短期間なら変動金利、長期間なら固定金利がおすすめ!

 

外形塗装費用のローンを抑えるために補助金を活用!

 

各自治体によっては、外壁塗装の内容によって補助金が出る場合があります。

 

外壁や屋根に断熱効果のある塗料を使用した場合や防火性の高い建具を使用した場合などです。

 

我が家も防火玄関ドアを入れる予定で5万円の補助金がでることがわかりました!
結果的にはサイズが合わず普通の玄関ドアにしてしまったのですが、こういった補助金制度を利用することで外壁塗装費用を抑えることもできます。

 

また、条件を満たせば住宅ローン減税も受けられます。
確定申告を行う必要がありますが、翌年の所得税減税になりますので、領収書等は大切に保管しましょう。

 

賢くローンを活用して大切な我が家のメンテナンスを!

 

外壁塗装の費用はローンで支払いできる?リフォームローンとは

 

大切な我が家に長く住み続けるためにも、外壁塗装は必須!

 

ローンや補助金、助成金を賢く活用して、外壁塗装でのメンテナンスを行いましょう!

 

 

>>失敗しない外壁塗装の方法へ戻る!