外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

大切な家を守るために行う外壁塗装のメンテナンスですが、塗装に使用される塗料は種類によってかなり強烈な臭いを放ちます。
そんな強烈な臭いを嗅いでいると、なんだか気分が悪くなってくるという人も少なくありません。

 

そこで今回は、外壁塗装時に発生する臭いの対策方法に加え、臭いが体に与える影響や工事中の洗濯物対策についても触れていきたいと思います。

 

外壁塗装の臭いの原因は?

 

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

外壁塗装時に感じる臭いは、外壁塗装に使用している塗料が主な原因となっています。
外壁塗料には油性塗料と水性塗料があり、それぞれの塗料によって含有成分が異なります。
以下に詳しくまとめてみましょう。

 

油性塗料

 

油性塗料は固いテクスチャーのものが多く、外壁塗装に使用する前には塗料を薄める溶剤を入れることがほとんどです。
そしてその溶剤こそが、外壁塗装時に発生する臭いの原因になっています。
塗料を薄める溶剤として使用されることの多い「イソプロピルアルコール」「1-ブタノール」「メタノール」「トルエン」「キシレン」などは、強い刺激臭を発生させてしまうシンナーです。
シンナーの臭いはとても強烈です。いくら家の戸締りをしっかりと行なっていても、換気扇などの通気口やわずかな隙間から家の中に臭いが入ってしまうことも!

 

水性塗料

 

水性塗料は油性塗料に比べて臭いが少なく、DIY初心者でも扱いやすい塗料として人気があります。
そのため「水性塗料なら健康被害につながりにくい」と考えられることもしばしば。
ですが水性塗料にも、塗料を安定させるために「VOC(揮発性有機化合物)」という物質が含まれていることがほとんどです。
このVOC、実は油性塗料の中にも含まれている健康被害につながりやすい物質!

 

水性塗料は油性塗料よりもVOCの排出量が少ないといわれてはいるものの、環境に配慮している高性能塗料ですらVOCを数パーセント含んでいるという現状です。
水性塗料を選ぶ場合でも、できるだけ低臭タイプのものをチョイスするように心がけたほうがいいでしょう。

 

外壁塗装の塗料に含まれる成分による健康被害

 

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

ツーンとした強い臭いは、明らかに健康被害につながりそうで不安…という声も少なくありません。
外壁塗装の塗料に含まれる成分によって、健康被害が発生したという実例はあるのでしょうか?

 

外壁塗料による健康被害の実例

 

ひと昔前までは、臭いのキツイ外壁塗料がバンバン使われていました。
水性塗料に比べて臭いが強烈な油性塗料を使用した場合、以下のような健康被害につながったという報告が確認されています。

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 目のかゆみやかすみ
  • 耳が聞こえにくくなる
  • 鼻水や鼻づまり
  • 味覚障害
  • 呼吸困難
  • 肌トラブル
  • アレルギーの悪化
  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気や嘔吐
  • 食欲減退
  • 睡眠障害
  • イライラ
  • 手足が冷える

 

塗料の成分によって何らかのアレルギーがある場合は、上記のような症状が発生する可能性が極めて高いでしょう。
油性塗料のシンナーにアレルギーがある場合は、シンナーの量がごくわずかでも体が反応してしまいます。

 

また、基本的な免疫力や抵抗力が低い赤ちゃんや子ども・高齢者はシンナーの影響をダイレクトに受けてしまいかねませんし、妊婦さんもお腹の赤ちゃんに影響が出る可能性もあります。
嗅覚が鋭いペットは、人間が感じる何十倍もの臭いを受け取るといわれています。

 

子ども・高齢者・妊婦・ペットのいる家庭では、外壁塗装時に発生する臭い対策をしっかりと行う必要があるでしょう。

 

外壁塗装工事の臭い対策

 

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

油性塗料を選んでも水性塗料を選んでも、外壁塗装時には少なからずイヤな臭いが発生してしまうものです。
ここでは、外壁塗装工事の際に発生する臭い対策についてまとめてみようと思います。

 

臭いが少ない塗料で外壁塗装をする

 

油性塗料は比較的シンナーの含有量が多く、キツイ臭いの発生につながってしまいやすいといえます。

 

そこでおすすめなのが、臭いが少ない水性系塗料での外壁塗装をお願いすること!
水性系の塗料はシンナーの臭いが少ないものも多く、DIYや室内塗装にも適している塗料もたくさん発売されています。

 

「子どもがいる」「ペットがいる」「妊婦がいる」といった家庭では、水性塗料での外壁塗装がおすすめ!
ただ、油性塗料に比べると耐久性に劣るものもありますので、使用する水性塗料の種類は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

換気をする

 

家の中に塗料の臭いが入ってきてしまったら、兎にも角にも「換気」をしっかりと行なってください。
ただ窓を開けたり換気扇を回すだけでは、反対に塗料の臭いを家の中に入れてしまうことにもつながるので注意しましょう。
以下に、塗料の臭いを家の中から追い出すための換気アイデアをご紹介します。

 

  • 塗装工事をしている近くに換気口がある場合、換気扇は使用しない(臭いを家の中に招き入れてしまう恐れがある)
  • 工事を行なっている場所と反対側の窓を開け、その窓に向かってサーキュレーターで風を送る

 

換気をする際のポイントは、窓を開ける場所やサーキュレーターなどを上手く利用すること。サーキュレーターがない場合は、扇風機でも代用することができますよ。

 

洗濯ものは室内干し

 

外壁塗装の工事中に行う洗濯類は、必ず室内に干しましょう!
外に干してしまうと衣類にシンナーの臭いが付きやすく、洗濯物を介して家の中がシンナー臭くなってしまう可能性も十分にあり得ます。
また、洗濯干し場と工事箇所が近い場合は塗料が衣類に付着してしまうなんてことも考えられますよね。

 

室内で干す場合は乾きやすいようにエアコンのすぐ下に干したり、除湿乾燥機などを使用すればストレスなく部屋干しができるでしょう。

 

通気口などを養生する

 

ドアの隙間などが通気口となって臭いが家の中に入ってきてしまうのであれば、一時的に通気口を養生テープなどで塞いでしまうのもアリ。
工事中はもちろんですが、外壁に付いた塗料の臭いが落ち着くまではしっかりと養生した方が安心です。

 

仮住まいを用意する

 

シンナーにアレルギーがある場合や、赤ちゃんや妊婦・ペットがいるのであれば、初めから仮住まいを手配しておくのもいいでしょう。
実際に、「工事中は実家に帰省する」「ウィークリーマンションを利用する」という人も多く、大切なペットは「ペットホテルに預ける」という選択をしている人も。

 

塗料に含まれるシンナーは、吸い込んでしまう量が多ければ多いほど健康被害につながりやすいもの。そうならないように、塗装工事前からしっかりと臭い対策を考えておくことが重要です。

 

外壁塗装前には近隣住宅へご挨拶を!

 

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

外壁塗装には大なり小なり臭いが発生してしまうものですが、ご近所への挨拶は済ませていますか?
工事を依頼する当事者が臭いに敏感になってしまうのは当たり前ですが、それと同じく近隣の住宅へも臭いは届いてしまうことをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

塗装工事が始まる前には、「◯月◯日から外壁の塗装工事をします。工事期間中は、臭いが発生したり騒音が気になることもあると思います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご承知おきくださいませ。」などといった挨拶を必ず行ってくださいね。

 

地区の住宅全てに挨拶をする必要はありませんが、臭いが届きやすい「前後左右」の4軒はできるだけ手土産を持って挨拶に行っておくと安心です。

 

まとめ

 

外壁塗装の臭い対策!健康被害はあるの?工事中の洗濯物はどうする?

 

いかがでしたか?

 

外壁塗装時の臭いを軽減したいのであれば、使用する塗料を低臭のものにしてみましょう!
最近では臭いを抑えつつ、しっかりと外壁塗料の効果が発揮できる塗料も発売されていますよ。

 

どのような塗料を使用しても臭いは発生するものですので、ここでご紹介した臭い対策のアイデアを実践してみてくださいね!