【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

外壁塗装に使われる塗料は、時間とともに風化していきます。
いつか外壁塗装はしなければと思っていても、費用もかかるので簡単に決めることはできませんよね。
そこで、外壁塗装が必要になる塗料の風化の症状と費用相場についてご紹介します。

 

塗料が風化している症状

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

外壁塗料が風化してくると、一体どのような症状が見られるようになるのでしょうか?

 

光沢やツヤがなくなる

 

外壁塗料が風化してくると、まずは第一段階として「光沢やツヤの喪失」が気になるようになります。
もともとマットな質感の外壁塗料は気付きにくいのですが、光沢やツヤがある塗料であるはずなのにツヤがなくなったと感じるのであれば、風化の第一段階だと思ってもいいでしょう!

 

外壁の変色や退色

 

外壁塗料の風化現象としてよく見られるものに「外壁の変色や退色」も挙げられます。
塗料の防水性や耐久性が低くなってくることで外壁材に水分や外的環境による刺激が与えられ、外壁材本来の色を変色させてしまいます。

 

チョーキング

 

チョーキングとは、外壁塗料や外壁材そのものが風化してきていることを知る1番簡単な方法かもしれません。
具体的な症状例は「外壁を手で触った時にチョークのような白い粉が手に付く」こと!
1日のうちで1番長く紫外線を浴びる外壁材を手で触ってみることでチョーキングを確認できるので、ぜひ自分自身でもチェックしてみましょう。

 

ひび割れ

 

外壁にひび割れ(通称:クラック)が見られる場合、塗料の風化を通り越して外壁材そのものにダメージが加わっている可能性もあります。
一見、何ともないように見えても、外壁に近づいてよくよく見てみると小さなひび割れが入っていることが!
ひび割れは外壁塗料の防水性が著しく低下していることの表れで、放置していると外壁に深刻なダメージを与える原因になってしまいます。

 

カビや苔の発生

 

外壁にカビや苔・藻などが発生しているとすれば、それはすでに「外壁塗料の寿命が切れている」ことを知らせています。
カビや苔などの繁殖は、外壁材の中に水分が侵入しなければ起こり得ないこと!
したがって、すでにカビや苔が外壁材に発生してしまっている場合は塗料の防水性がなくなっていると思ってください。

 

 

上記のように、外壁塗料の風化を表す現象は専門業者に依頼しなくてもある程度自分の目で確認することも可能です。
風化をそのままにしておくと外壁材の劣化を早めることにもつながるので、できるだけ早急に再塗装のメンテナンスを検討するようにしたいですね!

 

塗料が風化していたら外壁塗装が必要?

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

「外壁のツヤがなくなった」「苔が発生している」などの風化症状を確認した場合、外壁塗装のメンテナンスを行うことをおすすめします!
なぜなら、外壁塗料の風化はそのまま「外壁材そのものの劣化」につながり、しいては「建物自体の劣化を早める」ことにもつながっていくから。

 

外壁の劣化具合は「ツヤがなくなる→外壁の退色→チョーキング→ひび割れ→カビや苔などの発生」という順に高くなってきますが、できれば初期の風化症状が見られた段階での定期的なメンテナンスが最適です。
というのも、外壁塗料の寿命がすでに切れてしまっている場合は外壁材そのものにダメージが加わっている場合も多く、そういったケースでは「外壁塗装+外壁材の交換」といった塗装以外の補修工事も必要になってきてしまう場合があるから。

 

外壁塗料の風化現象をできるだけ早く感知してメンテナンスを行えば、外壁材の劣化を効率よく遅らせることができていつまでもキレイな外観を保つことができますよ!
また、「自分の判断では劣化症状がわからない!」という人は、使用している外壁塗料の耐久年数を把握しておき、その通りにメンテナンスを組んでいくといいでしょう。

 

塗料が風化するのは外壁だけじゃない!

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

ここまでは「外壁塗料の風化」についてご紹介してきましたが、風化するのは何も外壁塗料だけではありません。
ここでは外壁塗料の他にも劣化しやすい部分をご紹介していくので、外壁塗装のメンテナンスと同時に施工をお願いしてみてもいいでしょう!

 

屋根の外壁塗装

 

屋根は外壁よりもダイレクトに「紫外線」や「雨水」の影響を受けてしまう部分であるため、その分劣化スピードも早いものです。
そのため、外壁塗料と屋根の塗料を「耐久年数10年」の塗料を使って塗装した場合では、劣化の早い屋根部分の方が10年より早く寿命を迎えてしまうというケースも少なくありません!

 

外壁と屋根の塗料のメンテナンスを1度に行ってしまいたい場合は、あらかじめ「外壁塗料には耐久年数10年の塗料を・屋根には耐久年数15年の塗料を」と耐久年数のことなる塗料を使用するという方法がおすすめです。

 

屋根には耐久年数の長い「フッ素塗料」、外壁には塗料の主流となっている「シリコン塗料」が最適ですよ!

 

コーキングの補修

 

コーキングとは、外壁材をつなぎ合わせているボンドのような働きをしているもののこと。
このコーキングはとても柔らかくて柔軟性が高いのですが、風化していくと弾力性が失われて外壁材と外壁材の間に隙間を作ってしまうこともあります。
コーキングの補修時期は種類によって異なりますが、一般的に「短くて5年・長くても10年」と言われています。

 

コーキングは寿命が短いため、外壁塗装に比べるとさらに定期的なメンテナンスが必要になってくると言えるでしょう。

 

雨樋など付帯部分の塗装

 

雨水との接触が非常に多い雨樋などの付帯部分も、定期的なメンテナンスが必要になってくるでしょう。
雨樋の耐久年数の目安は15〜20年ほどですが、雨や雪の多い地域ではそれよりも短くなってしまう場合も十分に考えられます。

 

雨樋などの付帯部分にも防水塗装を行うことで、劣化スピードを遅らせて寿命を伸ばすこともできます!
雨樋の劣化症状は確認されていなくても確実に風化している部分であることから、できれば「10年に1度」の外壁塗装のメンテナンス時に合わせて雨樋の補修も行っておくと安心です。

 

塗料が風化しているのに外壁塗装をしないとどうなるの?

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

外壁だけではなく、屋根や雨樋などの塗料が風化しているのにも関わらず放置しているとどうなるのでしょうか?

 

  • 建物の中に水分が侵入して腐敗の原因になる
  • 雨漏りにつながる
  • 建物の強度が低くなり倒壊の恐れも
  • シロアリの発生
  • 大掛かりな改装工事が必要になる場合も

 

上記のように、外壁塗料を放置し続けることによって雨水などの水分が建物の内部に侵入し、カビやシロアリだけではなく「建物自体の強度」を低下させてしまいます!
建物の強度が低下すれば当然「家が傾く」「倒壊の危険性を伴う」ことも予想されますし、それを補修しようと思えば塗料メンテナンスにかかるより数倍費用もかさんでしまうもの。

 

「外壁が色あせてきただけだし」「雨漏りしてないからまだ大丈夫でしょ」とのんきに構えていると、もしかすると「時すでに遅し」となってしまう場合も…!
外壁塗料を行うタイミングはできるだけ風化が見られた初期段階に行うようにして、建物の内部にダメージを与えないようにすることが大切だと言えるでしょう。

 

【塗料の風化対策】外壁塗装に使われる塗料の種類

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

外壁塗料に使用される塗料には様々な種類がありますが、ここではグレードや種類に分けて詳しくご紹介します!

 

アクリル塗料「耐久年数5年」

 

アクリル塗料は「外壁塗装をする際に使われる1番グレードの低い塗料」と言われていて、耐久年数約5年。
アクリル塗料は耐久性能が低くて5年に1度の塗替えが必要なことから、現在ではほとんど使用されることのない塗料です。
でも!「5年以内に建て替えをする」「2〜3年持てばいい」といった場合には、低コストで塗装できるアクリル塗料を選択する人もいますよ。

 

ウレタン塗料「耐久年数8〜10年」

 

ウレタン塗料はひと昔前までは「主流の外壁塗料」と言われていましたが、現在ではあまり使用されることはありません。
ウレタン塗料には「扱いやすい液状でDIYに最適」「キレイなツヤが特徴的」「低価格」などといった魅力がありますが、やはり耐久年数の短さがネックになっている塗料のひとつです。

 

シリコン塗料「耐久年数10〜15年」

 

シリコン塗料は現在の主流となっている外壁塗料です。
「新築住宅の約7〜8割がシリコン塗料を利用している」というほど人気のあるシリコン塗料は、種類やカラーも豊富に揃っているので選ぶ楽しみも味わえます。
シリコン塗料は価格と耐久性のバランスがよく、ウレタン塗料よりもコストパフォーマンスに優れています。
ただ、シリコン塗料は粘度が高くて素人には扱いにくい素材であることから「DIYには不向きな塗料」と言われています。

 

フッ素塗料「耐久年数15〜20年」

 

フッ素系の塗料はシリコン塗料よりも耐久性が高く、定期的なメンテナンスを行いにくい大型建物・外壁の劣化速度が速い場所にある建物などに使用される塗料です。
フッ素塗料は「外壁の汚れを弾きやすい」「酸性雨に強い」「紫外線に強い」「汚れが雨などによって落とされやすい」などといった特徴を持つため、橋や公共建物への使用が目立ちます。
主流となっているシリコン塗料に比べると倍以上価格が上がってしまうフッ素塗料ですが、耐久性は15〜20年と長いところが魅力的です!

 

ラジカル塗料「耐久年数12〜15年」

 

聞きなれない人も多い「ラジカル塗料」は、まだ出てきたから数年しか経過していないニューフェイス!
ラジカル塗料の特徴は「現在の主流であるシリコン塗料よりも安くて耐久性がフッ素並みにいい」ということなので、今後シリコン塗料と並んで主流の外壁塗料となることが予想されているとてもバランスがいい塗料です。
ただ、まだ新しい塗料のため「実際の環境で10年以上経過した建物のモデルがない」というのがネック…!

 

光媒体塗料「耐久年数15〜20年」

 

光触媒塗料は塗るだけで緑地と同じような「空気浄化効果」があると注目されている塗料で、自然や環境保護のためにも大変役立ってくれるでしょう。
光媒体塗料とは「外壁に付着した汚れなどを太陽光の力によって分解→分解して浮き出た汚れを雨の力で洗い流す」という働きをしてくれる塗料のこと。
自然の力を利用して外壁をキレイに保ってくれるので、面倒なセルフメンテナンスフリーでカビや藻の繁殖防止にもなります!
「外壁をいつまでもキレイに保ちたい!」という人にとって、光媒体塗料はまさに最適な塗料と言えるでしょう。

 

無機塗料「耐久年数20〜25年」

 

寿命が20〜25年という高い耐久年数を持つ無機塗料の価格は、なんと主流のシリコン塗料塗料の2倍近く!
高級かつ高性能塗料である無機塗料は、外壁塗料として使用される塗料の中でダントツのクオリティーと言っても過言ではありません。
ただ単に耐久年数が長いだけではなく、光媒体塗料のような「セルフクリーニング機能」も持ち合わせているのが特徴で、環境にも優しいこだわり派!
無機塗料は高価なので使用する人はまだまだ少ないですが、今後注目を集めそうな塗料のひとつとして挙げられてます。

 

【塗料の風化対策】外壁塗装の費用相場

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

建物の強度を守り劣化スピードを遅らせるためにも必要な「外壁塗装のメンテナンス」ですが、使用する塗料によってかかってくる費用は異なります。
そこでここでは、外壁塗料の種類別にかかってくる費用の相場をご紹介します。

 

アクリル塗料

 

  • 1,400〜1,600円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:210,000〜240,000円

 

ウレタン塗料

 

  • 1,700〜2,200円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:255,000〜330,000円

 

シリコン塗料

 

  • 2,300〜3,000円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:345,000〜450,000円

 

フッ素塗料

 

  • 3,800〜4,800円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:570,000〜720,000円

 

ラジカル塗料

 

  • 2,500〜3,000円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:375,000〜450,000円

 

光媒体塗料

 

  • 4,200〜5,000円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:630,000円〜750,000円

 

無機塗料

 

  • 4,500〜5,500円/1u(※3回塗りの合計)
  • 30坪(外壁面積150u)の塗装を行った場合の塗装施工費用例:675,000〜825,000円

 

上記の費用例はあくまでも「塗装だけの価格」であり、外壁塗料工事には塗装費用以外にも「足場台設置」「養生代」「諸経費」などが加算されます。
ここでご紹介した塗装費用+約30万円程度の費用が別途かかってくるので、合わせて計算してみてくださいね!

 

シリコン塗料で30坪の住宅を外壁塗装した場合の合計費用一例

 

足場設置  \150,000
養生 \35,000
高圧洗浄 \15,000
外壁塗装 \400,000
付帯塗装 \100,000
シーリング工事 \25,000
諸経費 \30,000
合計 \805,000

 

まとめ

 

【塗料の風化】外壁塗装が必要な症状と費用相場

 

いかがでしたか?

 

外壁塗料の風化速度は塗料の種類によって異なりますが、年数の経過とともに必ず劣化していくことは明らかです。
一般住宅の外壁塗装にかかる費用は少なくても60万円・使用する塗料によっては100万円を軽く超えてしまうものもあるため、メンテナンス時期をある程度予測しながら費用を貯めておくことも大切!

 

まとまった金額が発生してしまう外壁塗装ですが、建物の深刻なダメージにつなげないためにも、できるだけ定期的な塗装メンテナンスを行っていきましょう。