外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

外壁材の隙間を埋めるために使われるコーキング(シーリング)。
外壁塗装の費用は、このコーキング(シーリング)をどうするかによって変わります。

 

  • コーキング(シーリング)とはいったい何なのか?
  • コーキング(シーリング)にはどのくらいの費用がかかるのか?
  • そもそもコーキング(シーリング)は必要なのか?

 

など、外壁塗装のコーキング(シーリング)について解説いたします。

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)とは

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

外壁塗装の際に必ずと言っていいほど行われる工事の中に、コーキングやシーリングと言ったものがあります。
コーキングやシーリング工事は外壁塗装には欠かせないものですが、専門知識が少ない人にとっては「コーキングとシーリングの違いって何?」「どう違うの?」といった疑問を抱いてしまう人も少なくありません。

 

下記のようにシーリングとコーキングを英語にしてみると、どちらも似通った意味合いになることに気付かされます。

 

  • シーリング(Sealing)→密閉する
  • コーキング(Caulking)→詰め物をする

 

コーキング・シーリングとそれぞれ名前は異なりますが、どちらの工事も「つなぎ合わせている外壁材と外壁材の間を埋める」ことで、隙間から水や汚れが侵入するのを防いでくれる働きがあります◎

 

つまり、コーキングとシーリングとは「同じもの」ととらえてもらってOKということ!

 

業者や職人さんによって「コーキング」と呼ぶ人もいれば「シーリング」と呼ぶ人もいますし、それ以外にも「シール工事」なんて呼び方をしている人もいるくらいなんです。
言い方が統一されていないので混乱してしまいやすいのですが、コーキングもシーリングも外壁材の隙間をぴったりと埋めるための工事だということを覚えておきましょう。

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)は必要なの?

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

コーキングやシーリング工事は、サイディングやALC外壁などといった「複数のパネルやボードを張り合わせてできている外壁」を選んだ場合に工事されるもの。
ここでは、コーキングやシーリングの必要性について詳しくご紹介します!

 

コーキング(シーリング)の役割

 

コーキングやシーリングの役割とは、張り合わせたパネルやボードの隙間をなくすことで密閉度を高め、水分や汚れなどが外壁の中に侵入しないようにしてくれるものです。

 

また、それ以外でも「壁のクラック(ひび割れ)」に対して使用する場合もあります。
建物の劣化とともに外壁以外にもクラックは発生しやすくなりますが、クラックにより発生した隙間にコーキングやシーリング剤を埋め込むことで簡単に補修することも可能◎

 

コーキング(シーリング)をしないと…

 

複数のパネルやボードを張り合わせて作られている外壁では、どんなにきっちりと張り合わせても多少の隙間ができてしまうものです。
その隙間から雨水や湿気・汚れなどが侵入すれば、塗装の劣化につながるだけではなく「雨漏り」「内部の腐食」といった深刻な症状を引き起こしてしまう場合も!
そうなってしまうと大規模な補修工事が必要となり、工事費用もぐんとUPしてしまうでしょう。

 

建物を長持ちさせるためにも、外壁と外壁の隙間を埋めているコーキング工事は必ず行うようにしたり、定期的にメンテナンス・補修工事を行うのが一般的になっていますよ!

 

外壁塗装コーキング(シーリング)の劣化のサイン

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

コーキングやシーリングは1度工事をしてしまえばいいというものではなく、外壁材と同じく「雨風や紫外線」などによって年々劣化していきます。
コーキングやシーリングは温度や湿度の変化に対応するためだったり、建物の動きに合わせられるようにという理由から「弾力性を持った素材」であることがほとんど!
劣化によってその弾力性が失われることも明らかになっていますが、それ以外にも下記のような劣化症状があります。

 

  • コーキングやシーリング部分のやせ細り
  • ひび割れや断裂
  • 外壁材とコーキングやシーリングが剥離している
  • 外壁が部分的に錆びたり腐ったりしている
  • 雨漏り

 

劣化の度合いとしては、まずはコーキングやシーリング部分がやせ細ってくることから始まり、劣化が進むにつれて「ひび割れ→外壁材へのダメージ」という順になります。
すでに雨漏りが発生している場合は、コーキングやシーリングの深刻な劣化が起こっているといってもいいでしょう。

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)は打ち替えまたは増し打ち

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

コーキングは外壁材に比べて「耐用年数が短い」と言われているので、比較的頻繁に補修メンテナンスを行うことが推奨されています。
ここではコーキングやシーリングの補修工事内容を様々な視点からまとめているので、コーキングやシーリングの補修工事を検討されている方は必見!

 

コーキング(シーリング)打ち替えのメリットデメリット

 

「打ち替え」とは、劣化したコーキングやシーリングを一旦全撤去して新しくコーキングやシーリングをやり直す方法です。
コーキングやシーリングの打ち替えを行うと、劣化したコーキングやシーリングは全て撤去されて新しいものとなるので、当然状態も良くなっていきますよね!
ただ、デメリットとして「費用がかかる」ことが挙げられます。

 

コーキング(シーリング)増し打ちのメリットデメリット

 

「増し打ち」とは、劣化したコーキングやシーリングを全て撤去してしまうのではなく「痛んだコーキングやシーリングの上から新しいコーキングやシーリング材を足す」という工事方法です。
打ち替えと比べて費用は抑えられますが、コーキングの劣化が著しい場合は増し打ちをしてもあまり意味がないということにもなりやすいんだとか!
一部の業者では、本当は打ち替えが必要なのに増し打ちで済ませて見積もりを安くしているところもあるので、複数者に頼んで見積もりを取ってもらうと安心です。

 

打ち替えと増し打ちはどっちがいい?

 

コーキングやシーリングの劣化がそこまで著しくない場合や、新築や前回の補修工事から2〜3何以内であれば「打ち増し」でも十分です。
ただ、一般的に外壁塗装のメンテナンスが行われる時期は「新築や前回の補修工事から10年前後」というケースが多く、その頃にはコーキングやシーリングの劣化はかなり進んでいる状態。

 

「コーキングやシーリングの補修をこまめに行っている」というわけでなければ、ほとんどが打ち替えの工事になることが予想されます◎
劣化状況によっては増し打ちを行ってもらえないこともあるので、増し打ち工事を希望されている方は早めの問い合わせが必要になってくるでしょう。

 

コーキング(シーリング)が劣化している部分だけ直すのは?

 

例えば、コーキングやシーリング材が外壁材と剥離している場合。
こういった症状が部分的に見られるのであれば、その劣化部分のみを直すことも可能です!
部分的に直すのであればDIYでもできないことはありませんが、やはり専門の業者へ依頼した方が安心ですよね。
業者さんへ連絡をすれば、部分的な打ち替えが適しているのか・増し打ちでも対応できるレベルなのかを調べてくれるので、そういった観点から見ても業者への見積もり依頼を掛けられることをおすすめします。

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)の費用相場

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

ここでは、上記でご紹介したコーキングやシーリングの補修工事にかかる費用をまとめています。

 

コーキング(シーリング)打ち替えの費用相場

 

業者へ打ち替えの補修工事を依頼すると、だいたい50万円程度の費用がかかると言われています。
工事費用には「コーキングの撤去作業代」「新しいコーキング材代」「足場代」などが含まれています。

 

費用の一例

コーキング施工費144,000円(800円×長さ180m)+撤去代126,000円(700円×180m)+足場代200,000円=474,000円

 

コーキング(シーリング)増し打ちの費用相場

 

劣化したコーキングやシーリング材の上から新しいコーキングやシーリングを補充する「増し打ち」の工事では、コーキングの撤去代もかかりませんし使用するコーキングやシーリング材の量も打ち替えに比べて少量で済みます。
そのため、一般的な住宅を打ちまし工事する場合の金額は「30万円程度」となりますよ!

 

費用の一例

コーキング施工費144,000円(800円×長さ180m)+足場代200,000円=344,000円

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)はDIYできる?

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

コーキングやシーリングの補修工事を業者へ頼むと、定期的に30万円〜50万円の出費が必要になってきます。
しかし、自分で補修工事(DIY)を行うことでその費用をグッと抑えることも可能です!
下記に「DIY補修で必要なもの」と「金額」を記載しておくので、DIYをお考えの人は要チェック。

 

  • コーキング材500〜2,000円/1本 1本で約3m分の目地に打つことができる
  • コーキングガン 200〜10,000円 容器に入ったコーキング材を押し出すための器具
  • マスキングテープ 300〜500円/個 施工前にマスキングテープを貼ることで、汚れやコーキング材が外壁に付着するのを防ぐ
  • ヘラ500円/1本 コーキングやシーリングを打った後、仕上げを滑らかにする

 

上記の材料はホームセンターなどでも気軽に購入でき、しかもかかる費用もリーズナブル!
一般住宅であれば「5万円程度」でDIYすることができてしまうので、腕に自信があって費用を安く抑えたいという人にはおすすめの方法です。

 

ただ、外壁やコーキング・シーリングについての知識があまりない人は、金額は高くても業者へお願いしてしっかりと補修工事を行ってもらう方がいいでしょう◎

 

外壁塗装コーキング(シーリング)の寿命は?

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

「耐用年数が短い」と言われているコーキングやシーリング。
一般的な外壁塗装のサイクルは「10〜15年」とされていますが、コーキングやシーリングは劣化しやすいので「平均5年〜長くても10年程度」の寿命と考えられています!

 

外壁塗装のタイミングに合わせてコーキングやシーリングのメンテナンスを考える人が圧倒的に多いのですが、新築や前回の補修工事から10年以上経過しているコーキングやシーリングはかなり劣化していると言えるでしょう。

 

できれば外壁塗装とコーキング・シーリングのメンテナンス時期は分けてもらいたいのですが、金銭的に難しい場合もありますよね…。
そういった場合はコーキングやシーリングの劣化が著しくなりやすいので、全撤去をする「打ち替え工事」しか行ってもらえないことがほとんどです。

 

外壁塗装コーキング(シーリング)にかかる期間

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

コーキングやシーリング工事を行う場合に要する時間は、住宅の規模や工事内容によっても異なりますが、だいたい「1週間〜10日」と言われています。

 

コーキングやシーリングを行うためには足場の建設が必要になってくることが多いですし、高圧洗浄・劣化したコーキングやシーリング材の撤去・新しいコーキング材の乾燥・下地調整・養生といった様々な工程が欠かせません!

 

コーキングやシーリング工事に合わせて外壁塗装や屋根のメンテナンスも行う場合は、さらに期間が延びて2週間以上かかる場合も少なくありませんよ。

 

比較的長期間に及ぶコーキングやシーリングの工事なので、期間に余裕をもって工事着工に望みたいものです◎

 

まとめ

 

外壁塗装のコーキング(シーリング)費用!打ち替え・増し打ちの違い

 

いかがでしたか?
コーキングやシーリングの寿命は5〜10年程度と外壁材よりも短く、雨漏りなどの劣化を防ぐためには定期的なメンテナンスが必要な部分。
1回の補修工事には50万円程度の金額がかかってしまうので、毎年少しづつでも「補修工事貯金」をしてみてもいいかもしれませんね!